為替リスク管理体制組み立てのお手伝い

  • 為替相場が1円変わることのインパクトは大きい

外貨がからむ商業では多くの人がほんの数%の粗利益で勝負しています。

5%なんていう人はざら。

そんな中、ドル円相場が1円変わると、1%吹っ飛んでしまいます。1%の粗利を価格交渉する血のにじむような努力が水の泡。為替相場の変動が商売に与えるインパクトは大きいのです

  • 為替に惑わされずに本業に専念したい、
    短期の為替相場変動は読めないからヘッジ

もちろん有利に動けば逆に儲かります。

しかし、だからといって為替相場の動きに一喜一憂するのは

あるべき事業の姿でしょうか。

ついでに為替でも儲けてやろうなんて色気を出すべきではありません。

ここは真面目に本業に専念しましょう。

そのためには為替相場に影響されない方法で取引する必要があります。

それを助けてくれるのがヘッジやカバーの手法です。

  • 円建て取引しかしていなくても為替相場の影響を受ける

「うちは円建て取引しかないから関係ないよ」と思っていませんか。

こっちが円建てなら海外の取引相手にとっては外貨です。

為替リスクを取引相手に押し付けることになりますよね。

商売は三方良し。

相手が被るリスクを気に掛けてあげることこそ長い取引関係を守る秘訣です。

  • 国内だけの事業も為替相場の影響を受ける

「うちは国内取引しかないから関係ないよ」と思っていませんか。

御社の製品を買ってくれる最終需要者が海外取引しているなら、間接的に影響を受けるはずです。を買ってくれる最終需要者が海外取引しているなら、間接的に影響を受けるはずです。最終需要者が為替の影響を受けて取引量が上下するからです。

また、長期的な一方方向の為替変動は産業の構成など国内経済全体の枠組みを変えかねません。

  • ところで、短期の為替変動は読めないが、中長期はある程度予想が可能

短期の為替変動は、政治的要因や要人の発言など突発的な要因があるので、読めません。

でも、長期的には理論値に着地するはず。だから短期に比べて予測しやすいのです。

(1) 為替リスク管理体制を作るお手伝いをします。

為替持高表や為替持高発生把握など、その事業の為替リスク影響度合いを判断する仕組みを導入し、発生するリスクにどう対応するかを検討する体制作りのお手伝いをします。

(2) ヘッジやカバーの方法検討のお手伝いをします。

世間に山ほどある為替ヘッジや為替カバーの手法から、その事業に相応しい適切な方法を検討し選択、実行するお手伝いをします。

(3) 為替相場予想のお手伝いをします。

為替相場に影響を及ぼす諸材料を洗い出し、中長期的な為替相場変化の予想をするお手伝いをします。はずれるかもしれませんが・・・・。

  • Facebook Social Icon

©2020 かな経営研究所   プライバシーポリシー