​読書要約

図書名 「マネジメント」

2008年4月14日 日経BP社

​著者 :ピーター・ドラッカー

訳者 :有賀 裕子

注意 :

このページに記載した記事は、読者である本サイト運営者(金森亨)が標題の図書を読み、専ら自分用のメモとしてまとめたものであり、その内容はあくまで金森亨の解釈によるものです。本来の著者または訳者の意図を間違って解釈している部分もあるかもしれませんが、それは金森亨の読解力不足に起因するものであるものとご理解ください。また、この内容によって惹起される不利益については責任を負いかねますのでご了承ください。

​【本編入口】
第1部 マネジメントの務め
第2部 マネージャー:その仕事、努め、技能、組織
​第3部 経営層の務め、組織、戦略

【参考 : 全編の目次】

00章  はじめに

01章  マネジメントの誕生

02章  マネジメント・ブームとその教訓

03章  新たなる挑戦

​第1部 マネジメントの務め ------------------------------------------------

04章  マネジメントの諸側面

05章  企業のマネジメント:シアーズ・ローバックの事例

06章  企業とは何か

07章  企業の目的と使命

08章  目標の威力と狙い :マークス・アンド・スペンサーの軌跡と教訓

09章  戦略、目標、優先順位、仕事の割り振り

10章  戦略的プランニング:起業家的な技能

11章  多彩な組織が支える社会

12章  公的機関はなぜ成果を生まないのか

13章  例外とそこから得られる教訓

14章  公的機関の成果を高めるマネジメント

15章  かつてない現実

16章  仕事、労働、働き手についての知見

17章  仕事の生産性を高める(1):仕事とプロセス

18章  仕事の生産性を高める(2):管理とツール

19章  仕事と労働 :その理論と現実

20章  サクセス・ストーリー :日本企業、ツァイス、IBM

21章  責任意識の強い働き手

22章  雇用、収入、福利厚生

23章  「人材こそ最大の資産である」

24章  マネジメントと生活の質~企業の社会的責任

25章  社 会への影響と社会的責任

26章  社会的責任を縛るもの

27章  企業と政府

28章  何より大切なのは、害を及ぼさないこと-それが責任のあり方である

第2部 マネージャー:その仕事、務め、技能、組織 -----------------------

29章  なぜマネジャーが必要なのか

30章  マネジャーの本質とはなにか

31章  マネジャーとその仕事

32章  マネジャーの職務の構想と中身

33章  マネジメント開発とマネジャー育成

34章  目標による管理(MBO)と自己管理

35章  ミドル・マネジメントから知識を柱とした組織へ

36章  成果への意欲

37章  効果的な意思決定

38章  マネジメント・コミュニケーション

39章  管理手段、方向付け、マネジメント

40章  マネジャーとマネジメント科学

41章  新しいニーズと手法 ~とかるや注釈:組織構造の重要性と考え方

42章  組織の構成要素

43章  全体をどうまとめあげるか

44章  組織の設計原理と仕様

45章  仕事と課題のどちらを中心に据えるか:職能別組織とチーム組織

46章  成果重視の組織設計:分権制と疑似分権制

47章  関係性を重視した組織形態:システム組織

48章  組織についてのまとめ

​第3部 経営層の務め、組織、戦略 -----------------------------------------

49章  ゲオルク・ジーメンスとドイツ銀行

50章  経営層の務め

51章  経営層の構成

52章  実行ある取締役会の必要性

53章  適正な規模とは何か

54章  規模に応じたマネジメント

55章  不適正な規模への対処

56章  多角化への要請

57章  多角化の成功戦略

58章  多角化のマネジメント

59章  多国籍企業

60章  成長のマネジメント

61章  革新的な組織

62章  むすび マネジメントの正統性